山梨から日本、そして世界へ。

新潟・山形地震被災地へのボランティア隊派遣を行っています。

2019年6月18日に山形県沖で発生したマグニチュード(M)6.7の地震による家屋損壊等に対する復旧のために、長崎幸太郎山梨県知事の要請を受けて、弊社が設立・運営する『一般社団法人 災害復旧職人派遣協会』にて6月22日より被災地への職人の派遣を開始しました。

日時 令和元年6月22日(土)午後1時 資材積み込み・出発
期間 23日より支援活動開始。約2週間の予定。
人員 当協会登録70余名より選定
活動内容 一部損壊した屋根の応急措置(簡易補修、ブルーシートによる保護等)
新潟県村上市内 目標:50〜70棟
資材等 工事車両、木材・付帯機具・工具類持参

新潟・山形地震被災地へのボランティア隊派遣について

今回の地震によって損壊した家屋等において、余震や降雨が続く中すでに雨漏りも多数発生しているものの、施工する技能者不足から応急措置に困窮されているとの知らせが入りました。
当協会にて復興へ向けての支援活動の準備を進める中で、被災地との調整が整ったとのことで正式に長崎幸太郎山梨県知事からの要請を受け、山梨県及び新潟県の協調とご支援のもと当ボランティア隊派遣決定に至りました。
当㈳災害復旧職人派遣協会は平成29年1月27日 災害支援に特化して不足する職人を安定的に確保するために設立された一般社団法人でありますが、この度はまさしく被災状況に鑑み設立趣旨そのものの、大阪北部地震に続く第二回目の派遣活動となります。
つきましては復興に向けて精一杯の活動を展開して参りたいと存じますので、是非ともご理解の上、宜しくご高配をお願い申し上げます。
(一般社団法人 災害復旧職人派遣協会 代表理事 石岡博実)

第一陣 出発メンバー

  • 石岡博実 イシオカ・ヒロミ(65)
  • 姫田順郎 ヒメダ・ジュンロウ(66)
  • 田辺 明 タナベ・アキラ(57)
  • 渡辺 洋 ワタナベ・ヒロシ(42)
  • 桃原広行 モモハラ・ヒロユキ(23)

6月22日:出発

6月23日:現地でのブルーシート掛け作業の様子

新聞記事
ネットニュース
朝日新聞記事
2019年6月23日 朝日新聞デジタル

現地報告

vol-niigata

現地の様子はこちらのブログで随時掲載しております。

災害復旧職人派遣協会ブログ